気候変動リスクが深刻化し脱炭素社会実現にむけて各国で「2030年のCO2半減」の号令がかかる中、自動車産業もEV化に舵を切らざるを得ない状況となっています。

自動車メーカー、同部品メーカー、モビリティサービス事業者、インフラ事業者(電力・ 通信など)は、EV市場拡大に向けた業界変化への対応を迫られており、既存事業とは異なる構造へと変革し、多様な要求や変化にスピー ド感を持って対応することが求められています。

そのような環境下、アパテックモーターズ株式会社は、世界トップクラスの実績を持つ中国汽車グループのEV車の日本展開の準備を進めており、2023年春の日本発売を目指して活動中です。

News